朝食を抜くと太りやすくなるとも言われていますが、それ以外にも様々な美容に悪いことがあるんです。明日の朝からしっかり食べるようにしましょう。

代謝は朝食べたもので決まる

出典: myhome-syutoku.com

体重だけではなく、様々なことに影響がある基礎代謝。これは朝食に何を食べるかが大きく影響します。朝からしっかり食べるのはちょっと・・・という人はサンドイッチなどの、炭水化物や野菜を食べやすいものがオススメ。

美容やダイエットでよく耳にする「代謝」という言葉。代謝があがることにより太りにくい身体になったり、肌のターンオーバーが整ったりします。そしてこの代謝は朝食べたもので決まると言われているのです。一般に体温が1℃上がると基礎代謝が13%UPすると言われています。朝は一番体温が低くなっている状態、この朝のタイミングで体温をしっかりあげておくと一日中代謝の良い状態で過ごせるのです。基礎代謝がUPし、食べたもののエネルギー消費が多くなれば、肌の老化の一因「糖化」の原因となっている糖質も消費されアンチエイジングにも繋がります。

出典: www.freshdeli.jp

食事制限ばかりしていては、脂肪だけではなく、筋肉も落ちてしまいます。基礎代謝が低下してしまわないようににバランスよく食事をして、適度な運動を取りましょう。

出典: ameblo.jp

サンドイッチの宅配(デリバリー)の専門店|東京のケータリング フレッシュデリ

サンドイッチの専門店フレッシュデリでは、サンドイッチを東京23区に配達!当社の野菜ソムリエが厳選したこだわりの素材で美味しいサンドイッチを宅配(デリバリー)致します。時間通りに届くケータリングサービスです。

朝食を抜くと「成長ホルモン」の分泌が妨げられる!

出典: wol.nikkeibp.co.jp

肌のターンオーバーなどを調節している成長ホルモン。朝食をしっかり食べることで活発に分泌されるようです。

アンチエイジングやダイエットを効率よく行うのに欠かせないのが成長ホルモンです。人は寝ている間に成長ホルモンが分泌され、骨や筋肉を作り、脂肪の分解や代謝、更に肌細胞の修復が行われています。そんな重要な役割を担っている成長ホルモンをしっかり分泌させるために必要なのがズバリ朝食なのです。

出典: www.freshdeli.jp

成長ホルモンの分泌促進に欠かせないのが、“メラトニン”という伝達物質です。メラトニンは、朝に合成される“セロトニン”という物質がもととなります。そのセロトニンの合成に有効なのが、朝食に炭水化物や乳製品、大豆製品などをしっかり摂取することです。セロトニンがたくさん合成されることで、夜になるとメラトニンに切り替わり、成長ホルモンの分泌を促進します。朝食を食べないと、セロトニンの量が増えず、成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。そのため、十分に細胞の修復や脂肪の代謝が行われず、老化や脂肪の増加へとつながってしまうのです。

出典: news.ameba.jp

しっかり食べることで整腸効果が高まる

出典: n-jinny.com

美容にマイナスになる便秘。朝食をちゃんと食べることで、腸の動きが活性化され、便秘が解消されることも。重く悩んでいる場合は、ヨーグルトなどの整腸効果の高い食品を食べましょう。

更に、午前中にビタミンやミネラルなどの栄養素をしっかりとっておく事で整腸効果が高まり便秘解消にも繋がります。便秘はあらゆる肌トラブルのモトにもなっていますので、解消する事で美肌への近道になります。

出典: www.freshdeli.jp

朝ごはんを食べることで、朝から胃腸の働きが活発になります。それは、空っぽだった胃の中に食べ物や水分が入ることで、大腸のスイッチが入り、大腸の働きを促すことにつながるからです。大腸が元気に働くということは、便秘解消にもつながります。

出典: eonet.jp

整腸作用のある食べ物

栄養バランスが崩れる

出典: nhha.lin.gr.jp

一般的に1日30品目が必要と言われています。単純に1食10品目。1食抜くと、15品目になってしまいます。

朝食を抜くと、食事のバランスが崩れて、肌荒れなどの原因になることもあります。朝ごはんでビタミン、ミネラル、たんぱく質などを摂取することで、お肌の健康維持に必要な栄養素を補うことができます。

出典: eonet.jp